人間 O

ニンゲン オー ノ ブログ

OPINEL(オピネル )カーボンスチールナイフ & 黒錆加工

キャンプや登山のときに使用するためのナイフを購入。
選んだのは定番のOPINEL(オピネル)のカーボンスチールナイフ。
このナイフで本格的な調理をする予定はないので、サイズはちょっと小さめの#7にしました。#7の刃の長さはおよそ80mmです。

f:id:human-being-o:20180612172323j:plain f:id:human-being-o:20180612172236j:plain


OPINEL(オピネル)のナイフにはステンレス製とカーボンスチール製の二種類がありますが、カーボンスチール製のナイフはステンレス製のものと比較して切れ味が良い反面、赤錆が発生しやすいというデメリットがあります。

そこで、赤錆の発生を抑える効果のある黒錆加工に挑戦してみました。ちなみに、黒錆とは鉄の表面にできる酸化膜のことで、この酸化膜で全体を覆ってやることで赤錆の発生を抑えることができます。

黒錆加工

f:id:human-being-o:20180613161557j:plain

黒錆加工に必要なのは紅茶のティーパックとお酢だけ。

まずは鍋にお湯を沸かし、ティーパック3袋を放り込んでグツグツ煮出します。

濃い色の紅茶が出来たら、ナイフの刃がしっかり浸かるくらいのコップに注ぎます。

そこにお酢を投入するのですが、割合は紅茶4に対してお酢1くらいの割合で。これで黒錆加工のための溶液ができました。

あとはナイフの刃を一時間ばかり溶液につけておけばオーケー。しっかり乾かせば黒錆加工の完成です。

f:id:human-being-o:20180613161644j:plain

なお、加工の前には刃の汚れや油分をしっかり落としておかないと黒錆にムラができてしまいますのでご注意を。